FC2ブログ
スポンサー広告 > 【聖刻】超銀河さんの螺旋力は半端じゃない 構想編④
遊戯王 > 【聖刻】超銀河さんの螺旋力は半端じゃない 構想編④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聖刻】超銀河さんの螺旋力は半端じゃない 構想編④

DP13-JP001.jpg

実際にデッキを回して気が付きましたが
銀河さんが普通に強いです




前回の続きで
今回は聖刻の効果によるデッキの圧縮とドローソースについて考えて行きたいと思います

使えそうなドローソースは、
A868_Z1.jpg
《トレード・イン》
通常魔法
手札からレベル8のモンスターカードを1枚捨てる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

card-museum_stbl-jp062-nr.gif
《馬の骨の対価》
通常魔法
効果モンスター以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を墓地へ送って発動する。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

20120303_63079d.jpg
《アドバンス・ドロー》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル8以上のモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。


各ドローソースの利点は、
トレード・イン…展開しなくても発動できるため、ほかの2つに比べて使いやすく、その後の展開も容易
馬の骨の対価…余ってしまった通常ドラゴンを手札に変えられる。また、聖刻なら通常ドラゴンを出すのは容易なため、手札を補充できるタイミングの数はトレードインに劣らない。ただし、フィールドに存在させないと発動できないため、トレード・インより使いにくい。
アドバンスドロー…馬の骨の対価とほぼ同じ動き。馬の骨の対価と同じく、展開しないと発動できない上に、馬の骨より対象の幅が狭い。こちらは馬の骨と違い銀河眼もコストにすることができる。

使ってみた感じ、聖刻は回すのに使った手札を回収しきれない傾向にあるため
次のターンに備えることを考えるとボードアドバンテージをハンドアドバンテージに変換できるカードを上手く使えればもっと戦えるんじゃないかと思いました
まぁ、そのまま押し切った方がいい場合が殆どなんですがw

とにかく、聖刻銀河のモンスターは(いまの所)パワーの高いモンスターが多いので
なんとかして3~4回ほど攻撃を通せれば勝てそうな感じはします
逆に言うと、相手の除去やバウンスなどに耐えながら、なんとか3~4回は攻撃を通さないと勝てません
展開に必要なパーツ(アセト、シユウ、トフェニ)を上手く集めながら
銀河眼、青眼、ガイアドラグーン、レダメ等で殴っていくのが主なスタンスになります
展開できる手札を残しながら、どう攻撃を通していくかを考えながら今後も構築をつめていきますw
銀河さんの能力が道を開けてくれたり、攻撃を凌いでくれたりと意外と器用に動き回ってくれます

実際回してみるとなかなか上手くいかないことばかりですが
なんとか…なんとか「銀河TUEEEE」って言わせたい…








ちゃーんと、クリックしなさいよね!にひひっ(CV:水瀬伊織
クリックしてもらえるとモチベが上がりますw

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。